王義之展

 絶等寸の 山の峰の上の桜花
       咲かむ春べは 君し思はむ
                     万葉集巻9ー1776
                     播磨娘子

 たゆらきの 山のをのへの桜花 咲かむ春べは君ししのはむ


石川大夫が播磨守の任を終えて帰京するとき、その地の女性が別れを悲しんで贈った歌です。
絶等寸山(たゆらきやま)は国府のあった姫路市あたりの山なのでしょう。

( 絶等寸山の峰の上の桜が咲くころには、きっと思い出して
 お慕いすることでしょう。あなたをこそ… )



【天領日田おひなまつり】

今年も私の題字のポスターが採用されて、おひなまつり始まりました。

3月31日までです。

春めいた天領日田にどうぞお出かけください。




書を芸術にした男 書聖 王義之展
1月22日(火)〜3月3日(日)
東京国立博物館



去る2月16日 王義之展を見るために東京に行ってきました。

私たちが書の勉強をする上で欠かすことのできない王義之の書
(中国4世紀東普時代に活躍 303〜361)


王義之の真蹟は一つも残されてはいませんが、
宮廷でつくられた複製は信頼のおける資料となって残っています。

世界で十指に満たない唐時代の精巧な模本5点を一同に見ることができたこと
それから世紀の大発見、大報帖を見ることができたこと
一見の価値がありました。

すごい感動でいっぱいになりました。


書の友人で、北海道音更高等学校 野坂武秀先生からメールが来て、
二度と見ることができないかもしれないよ、東京に行くべきだよ...

と言われ決心して行った事は間違いなかったと…。

野坂先生はありがとうございました。


この目でいろんなものを見る、その場所に行ってみる、
自分の作品を作る上で重要なことだと感じます。


だんだん暖かくなってきました。
そろそろ冬眠していた墨染を開始しなければと思っています。

どうぞまた今年も何カ所か個展をと思っています。

またその節にお会いできたら幸せです。

at 18:46, 藤井美相, 書道

comments(0), trackbacks(0), pookmark

養真選抜書作展

外にも出よ 触るるばかりに 春の月
            中村 汀女

赤味を帯びたそれはそれは大きな月が
山の端に上がりました。 こんな佳い月が上がっているのに
家に籠もっているなんて もったいない
外に出て共に月を仰ぎましょう。

単に外出するというだけでなく自分の殻から出ませんか?
いつもの場所、いつもの時間から飛び出して
月に花に親しんでみませんか?
そこには思いがけない出会いや答えが待っているかもしれません。






2月6日から11日まで

養真選抜書作展が小倉井筒屋で開催です。

今回は私が作品解説の依頼をうけました。

2月10日(日)14:00からです。

どんな解説をすればいいのか…

皆をひきつけるような事はいえませんが

私なりに仮名の美しさを語ってみたいとおもいます。 

どうぞお出かけください。

at 20:59, 藤井美相, 書道

comments(0), trackbacks(0), pookmark

あけましておめでとうございます


引く波に 寄せくる波に 初明り
           鈴木 真砂女



私の大好きな俳人 真砂女さんの句を新年のはじめに!

引いて行く波にも寄せてくる波にも なべて等しく

元旦の日が射しています。人生にも波が引くときとよせてくる時があります。

しかしいずれの時もやはり日は射し初明りに抱かれているのです。

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申しあげます。








at 09:00, 藤井美相, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

来年も宜しくお願いします

 流れゆくものに 日当たる 年の幕
            まどか 

今年も終わろうとしています。嬉しいことも悲しいこともあった1年だった事だと
流れゆくすべてのものいとおしむように歳晩の日が包んでいます。






早いもので今年も終わろうとしています。

 6月末からの美・百代相の個展にはじまり、9月10月11月12月と

続けざまに個展をさせていただきました。

また遠くの人と人との出会いがあり

新しいギャラリーでする個展にはいろんな発見があります。


来年も走り続けます。どうぞ宜しくご指導下さい。



ポストカードの紹介です。



「巳〜espoir〜」

「巳」

「めぐり逢ひて見しやそれとも わかぬ間に 雲がくれにし 夜半の月かな」紫式部


「めまい」

「・・・LOVE」


「SHANGRI-LA」
1枚300円、6枚1,500円で販売中ですよろしくお願いします。



at 21:31, 藤井美相, -

comments(0), trackbacks(0), pookmark

HARUのステージ衣装

北風に 負けないように 眉をひく
             藤原 紅

 ・「北風」俳句では冬の風を北風といいます


北風を真正面から受けながら 背筋を伸ばし毅然として寒気の中へ歩み出す作者。
そんな自分自身への”今日のエール”が少し濃いめの眉なのです。
あなたの自分自身への”今日のエール”は何ですか?




11月11日 毎年恒例の 夢天神ホール(福岡)でのコンサートにあわせて

HARUの衣装を作らせてもらいました。

2パターン

ひとつは全体を墨で染め、グレーベースの中で模様を書きました。







もうひとつはステージで映えるように いろんな色でHARUを書きました。








カメラマンから照明とステージ衣装がぴったりと合っていて よい写真が撮れると言われたり

ハルさんからも みんなの評判がよくって!!と喜んでもらえました。




打ち上げでは、いろんな人達から 

今までになく落ち着いていて二人そろっていて とってもよかった!

と言われました。



衣装担当をした私としては大満足でした。

またがんばってステージで映える衣装を作っていきたいと思いました。

書家&墨染作家として…



at 19:13, 藤井美相, イベントの報告

comments(0), trackbacks(0), pookmark

個展のお知らせ


   秋色の光と風を 
     サヨナラの 形に変えて手を振るススキ
                     俵万智

  心静かに物憂げに黄金の波のように
  揺れるススキを見ていると 無数の手のひらが
  「サヨナラ」を伝えているように感じられる




今年も残り少なくなりました

6月のアトリエ美・百代相(日田)での個展から

ギャラリーやすむら(福岡)・ギャラリー花野(みやこ町豊津)

ひとよし森のホール(人吉)・ギャラリーさん手(小倉)

今年は多忙な日々の連続です。

11月の終わりから人吉での個展

また12月1日からの小倉での個展と 

年末に向けてもうひとがんばりです。

どうぞお知り合いの方にお声をかけていただいたら幸いです





at 21:26, 藤井美相, イベントのお知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

藤井美相 墨染の世界展

 宇宙という言葉 あるいは軽やかに
       コスモス畑の絵はがき届く  俵万智


コスモス、cosmosー宇宙を意味する言葉であり

花の名前でもある不思議な言葉。

言語をたどると 宇宙のほうは ギリシア語「KOSMOS」

花のほうはラテン語「COSMOS」

無数のピンクの花たちはまるで宇宙にあるかぎりの

優しさと軽やかさとを語りかけてくれるようです。

さわやかな秋の風とともに....


ギャラリー花野

『藤井美相 墨染の世界展』
10月1日〜14日
ギャラリー花野 (福岡県京都郡みやこ町彦徳688-10930-33-9888)

またまた個展のお知らせです。

ギャラリー花野さんが新たに開設した古民家のこけら落としとして

私に白羽の矢?が。

古民家まるごと私の世界にと 

依頼されてからの期間が短かったので大丈夫かな...

と思っていましたが、何とか私の世界に出来上がりました。

素敵な古民家です。

どうぞ皆様、お越しをお待ちしております。









大きな地図で見る

at 11:34, 藤井美相, イベントのお知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ギャラリーやすむら

 ある日知る
こころに 色があることを
ことばに 色があることを
音楽に  色があることを
時間に  色があることを


わたしに 色があることを

            おーなり由子



9月7日(金)〜13日(木)まで 福岡ギャラリーやすむらで個展がはじまります。

ギャラリーやすむらとの出合いは 1994年。約18年前です。

その当時は直方でやすむらコレクションとして 今のオーナーがしていました。

最近飯塚や直方の錬成に行く機会が増えて

それまで何も浮かばなかったのに ふと やすむらコレクションどうなってるかな...

と思うようになり、記憶をたどりながら家の前に行きました。

昔とそう変わってはなかったけれど…

人づてに 直方は息子さん夫婦がやっていて、

オーナーは福岡でギャラリーをしていると聞き、

突然そのギャラリーを訪ねて行ったのです。

安村さんは昔と変わらず、それ以上に生き生きとしてて楽しそうでした。

18年ぶりの再会!!

トントン拍子に話が決まり 今度の個展に至った次第です。

当時は 私のブログの管理者、姉川 節ちゃんの父親

 (故)片岡伸太朗氏との二人展でした。

懐かしい写真もブログアップです。





何も思ってなかったことを ふと感じる、

もう一度会ってみたいと思う、

皆様もそんなことあるでしょ...

何か胸さわぎ...でした。

またこれから安村さんとの親交がはじまります。

楽しいワクワクする時間が作れそうです。

そんなわけで...

個展どうぞ足をお運び下さい。

お待ちしています。ランチもありますよ...


at 22:11, 藤井美相, イベントのお知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

個展&ライブのお知らせ




 うすもみぢ 能登は入江のやさしさに 
                細見綾子

 初秋の頃 うっすらと色づきはじめた紅葉を”薄紅葉”と言っています。
 能登の入江を彩る淡い紅葉と 海の青が映発し合い 
 やさしく美しい景を織りなしています。




 水害から1ヶ月余り、アトリエ 美・百代相に続く道が

やっと通れるようになりました。

皆様からたくさんのTEL、メールetc...を

いただきご心配おかけしました。ありがとうございました。

9月個展に墨染めが間に合うか...と気が気でなかったのですが

何とかがんばってみます。

どうぞギャラリーやすむらまで足をお運びいただけたら幸いです。




限定30名です。お早めにお知らせ下さい。

at 21:52, 藤井美相, イベントのお知らせ

comments(0), trackbacks(0), pookmark

藤井美相【墨色に夢中なの】・釜ヶ瀬ふるさとコンサート 無事に終了

 梅雨空の中でしたが 多くの方々に足をお運びいただきありがとうございました。

杵築・大分・福岡の糸島etc から、美・百代相を探し求めて

来て下さった方もいました。

墨の世界がこんなにも広がっているとは・・・

墨色にいろんな色があるとは・・・

素敵な癒される場所だとか・・・

いろんなお声をいただきました。

出逢いに感謝!!です

今年は、bisouブランド として服を中心に展示しました。

同じ物を二度と作れない服に、皆様手を通していただき購入下さいました。

歩く広告塔としてbisouオリジナルブランドを広げていただけたら幸いです。



それから、コンサート(6/29)には雨も降らず60名の方々が

会場に集まって下さいました。

きれいな歌声、ピアノに酔いしれました。

梅雨空を跳ね返すようなお二人に拍手で〜〜す

童謡・懐かしい歌 じ〜〜〜っと子ども達でさえも聴き入ってました


それから、打ち上げでは、会場までどうしても来れなかった人のために

久美子さん歌ってくれました。

楽しいすてきな一日でした。






 歌 ソプラノ 川野久美子さん(佐賀)
 ピアノ    濱手美貴子さん(佐賀)  ほんとにほんとにありがとう♪


それから、
ピアノ・音響を手伝って下さった        美相の会顧問 高本 伸さん
                        (ミュージックシティー)
看板設置・取り外し...色々雑用をして下さった  美相の会顧問 江田達美さん
                        (ホーム企画 江田)
アトリエの草刈りを雨に濡れながらして下さった 美相の会会員 武内三朗さん


駐車場係を引き受けてくれた、                           美相の会会員 大東明さん
                              財津三紀夫さん

個展の時にはいつも作品作り、会場での接客...と
期間中ずっと手伝ってくれた          美相の会会員 日隈優子さん


出演者のお世話をして下さった         永山まさえさん 

スタッフがいるから出来ること!身にしみて感じています。

ありがとう!!

でも一番は、足を運んで下さった皆様です。

心よりお礼申し上げます。


予告ですが9月7日〜13日まで福岡での個展決まりました。

詳細は後ほど

ハルさんとのコラボライブ(9月8日)予定です。
(ハルさんの衣装を作ったので御披露目もかねて...)

またよろしくおねがいします。        




at 19:44, 藤井美相, イベントの報告

comments(0), trackbacks(0), pookmark